プレミアプロ

プレミアプロ テロップの入れ方と編集方法・使い方

プレミアプロを使った基本的なテロップの入れ方編集方法、便利な自動文字起こしについて解説します。

プレミアプロは動画編集ソフトですが、テキストの加工・装飾・アニメーションの自由度はかなり高く、オリジナリティに満ちた綺麗なテロップを入れらるのが特徴です。

網羅的にまとめているので、迷ったときのtipsとしてなど、ぜひご活用ください。

adobe プレミアプロ バナー

プレミアプロ テロップの入れ方

壁にもたれてパソコンで勉強する女性

プレミアプロ テロップの基本的な入れ方

プレミアプロはほとんどの操作をマウスで行いますが、テキストの入力だけはキーボードを使います。

初期の文字設定は半角英数字になっているので、日本語入力の際は切り替えてください。

【プレミアプロでテロップを入れる基本的なやり方】

  1. テロップを入れたい位置にタイムラインスライダーを動かす。
    ※スライダーの位置がテキストが入る位置になる。プレミアプロ テロップ 入れ方1 入れたい位置にスライダーを動かす
  2. 「T」マークをクリック。プレミアプロ テロップ 入れ方2 Tマークをクリック
  3. プレビューウインドウ内マウスをドラッグするとテキストボックスが表示される。
    ※レイアウトは後で変更できるので、適当に画面上をドラッグすればOK。プレミアプロ テロップ 入れ方3 プレビューウインドウでマウスをドラッグ
  4. テキスボックスが赤く表示された状態で タイプ する。
    ※タイプするとタイムラインにテキストクリップが自動で追加される。プレミアプロ テロップ 入れ方4 テキストをタイプ 同時にクリップ作成
  5. プレビューウインドウ内のテキスト覧をダブルクリックしたのち、「エッセンシャルグラフィックス」を使ってテキストを成形する。プレミアプロ テロップ 入れ方5 エッセンシャルグラフィックス テキストを成形
  6. 不要な再生時間をカットする。
    ※クリップの端にマウスを合わせて、ポインタの形が変わったところからドラッグするとカットできる。

プレミアプロ テロップ 入れ方6 カット

テロップの挿入方法はコレが基本です。

ジーナ
ジーナ
あとは同じ作業をコツコツと繰り返すだけ。

プレミアプロのテロップの色・境界線の変更

境界線 イメージ

プレミアプロ テロップの色変更のやり方

テロップの色はアピアランスを使って変更します。

【色変更のやり方】

  1. プレビューウインドウから、変更したいテロップをクリック
    ※テキスト選択状態にする。
  2. アピアランスの「塗り」をクリックしてカラーピッカーを表示。プレミアプロ テロップ 文字色の変更
  3. カラーピッカーから変更したいカラーをピックアップして「OK」をクリックすると変更完了。

プレミアプロ テロップ 文字色変更1

プレミアプロ テロップの境界線変更のやり方

テロップの境界線は、使う色で表情が変わります。

  • 文字色と同じ:文字を太くする。
  • 文字色と違う:コントラストによってテキストをはっきりさせる。

プレミアプロ テロップ 文字 境界線変更

【境界線の変更 やり方】

  1. プレビューウインドウから、変更したいテロップをクリック
  2. アピアランスの「境界線」のチェックボックスとカラー部分をクリックして、カラーピッカーを表示。好きなカラーを選択したらOKをクリックする。プレミアプロ テロップ 文字 境界線 色の変更
  3. スポイドマーク横の数値を変更することで境界線の幅を変更できる。
    ※入力方法:値をマウスで左右にドラッグ or 直接入力。

プレミアプロ テロップ 文字 境界線 太さの変更

プレミアプロのテロップに背景(色枠)をつける

色変更 イメージ

プレミアプロは、テロップに背景をつけることができます。

プレミアプロ テロップ 文字 背景 サンプル

【テロップ背景 カスタマイズできる項目】

  • 大きさ
  • 角の丸み
  • 透明度

プレミアプロのテロップ背景を編集する方法

プレミアプロ テロップ背景もアピアランスを使って変更します。

\アピアランス 背景のパラメータ/

プレミアプロ テロップ 背景 やり方2 アピアランス 項目一覧

◎色の変更

色の変更は、「背景」横のカラーパネルをクリック。ポップアップされるカラーピッカーから色を選ぶと変更されます。プレミアプロ テロップ 背景 やり方3 背景色の変更


◎透明度の変更

透明度はアピアランス内の透明度スライダー左右ドラッグで調整します。

プレミアプロ テロップ 文字 背景 透明度変更 スライダー

値が低くなるほど透けて見えます。
プレミアプロ テロップ 文字 背景 透明度変更 サンプル


◎大きさの変更

透明度はアピアランス内のサイズスライダー左右ドラッグで調整します。

プレミアプロ テロップ 文字 背景 大きさ変更 スライダー

値が大きくなるほど背景面積が大きくなります。プレミアプロ テロップ 文字 背景 背景大きさ変更 サンプル


◎角の丸みの変更

透明度はアピアランス内の角丸の半径スライダー左右ドラッグで調整します。

プレミアプロ テロップ 文字 背景 角の丸み変更 スライダー

値が大きくなるほど丸くなります。

プレミアプロ テロップ 文字 背景 角の丸み変更 サンプル

プレミアプロのテロップにエフェクトをつける

テロップ イメージ

プレミアプロでは、テキストクリップ単体にもエフェクト効果を追加できます。

\例:ブラーインエフェクト(ブレた文字が徐々にくっきりと表示されるエフェクト)/

プレミアプロ テロップ エフェクト サンプル

プレミアプロのテロップにエフェクトを合成するやり方

エフェクト合成は、インストール済みのエフェクトを利用するのが最も簡単。エフェクトウインドウを開けば、利用可能なエフェクトの一覧が見れます。

\エフェクトウインドウ/

プレミアプロ テロップ エフェクト つけ方1 プリセット

やり方は簡単で、エフェクトウインドウにあるエフェクトを、タイムラインにあるテキストクリップにドロップするだけです。

プレミアプロ テロップ エフェクト つけ方2 タイムラインにドロップ

ドロップした後は、グラフィックウインドウにエフェクトのパラメータが表示されます。

効果のタイミングやスピードは、ココで調整できます。
プレミアプロ テロップ エフェクト つけ方3 パラメータ

パラメータはイロイロ弄ってみるのがおすすめです。

万一弄り過ぎて初期化したいときは、初期化ボタンをクリックすると一瞬で初期パラメータに戻せます。

\パラメータは初期化ボタンでいつでも戻せる/

プレミアプロ パラメータ 初期化ボタン

プレミアプロのテロップを動かす

テロップ 動く イメージ

テロップを動かす方法は大きく分けて2つあります。

  • モーションを使うテンプレート化されたモーションやアニメーションをコピペしてテキストだけ修正する。
  • キーフレームを使う:動きの起点変更パラメータを登録して、自由自在に動きをつける。

プレミアプロのテロップを動かす1. モーションテンプレートを使う

簡単なのはモーションテンプレートを使う方法です。

タイムラインにコピペした後、テキストのみ修正すれば動きのあるテロップが出来上がります。

【モーション を挿入する方法】

  1. エッセンシャルグラフィックス「参照」をクリック。プレミアプロ テロップ 動かす モーションテンプレ やり方1
  2. ライブラリから適当なものを選んで、タイムラインドラッグ&ドロッププレミアプロ テロップ 動かす モーションテンプレ やり方2
  3. プレビューウインドウのテキストをダブルクリック。全テキストを選択した状態で上書き修正プレミアプロ テロップ 動かす モーションテンプレ やり方3
  4. 適宜テキストを装飾プレミアプロ テロップ 入れ方5 エッセンシャルグラフィックス テキストを成形
  5. 不要なクリップ削除
    ※クリップの端にマウスを合わせて、ポインタの形が変わったところからドラッグするとカットできる。プレミアプロ テロップ 入れ方6 カット

どんなモーション・アニメーションかは、タイムラインにコピペしてプレビュー確認してみないとわかりません

最初のうちは、タイムラインにコピペ&動作確認しながら、お気に入りのモーションを探すことになります。

ジーナ
ジーナ
トライアンドエラーでチェックしながら選んでいく感じ。

プレミアプロのテロップを動かす2. キーフレームを使う

キーフレームとは、動きの起点変化のパラメータを、フレーム内に直接登録していくテクニックです。

設定できる項目には、位置・回転・大きさなどがあります。

難易度は上がりますが、3つ全てにパラメータを設定することもできます。

【キーフレームの使い方(位置パラメータの操作例)】

  1. タイトルクリップの最初にスライダーを移動する。
    ※クリップをクリックした後ショートカットの「SHIT+HOME」で移動するのがおすすめ。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方1
  2. 位置のストップウォッチマークをクリックしてON(青)する。
    ※ONになったら、クリップタイムラインの冒頭にひし形のキーフレームがつく。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方2 自動でキーフレームがつく
  3. 変化の起点までタイムラインスライダーを移動する。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方4
  4. x,yのパラメータを変更して位置を決める。
    ※変更の仕方:数字をクリックした後にカーソルキーを使う or 直接値を入力プレミアプロ テロップ 動かす モーション キーフレーム パラメータ
  5. 値の変更に伴って、 プレビュー画面 でもテキスト位置が移動。変化を視認できる。
    ※キーフレームは自動的につく。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方5
  6. 次の変化の起点までタイムラインスライダーを移動する。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方2-1
  7. x,yのパラメータを変更して位置を決める。
    ※プレビュー画面で変更後の位置を確認しながら調整する。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方6
  8. プレビューして動きをチェックする。
    ※今回は、一旦上方向に移動して右方向に移動するモーションです。プレミアプロ テロップ 動かす 自由 やり方7

キーフレームによる変化は、ポイントからポイント時間均等に変化するのが特徴です。

動きを停止したりスピードに変化を与える場合は、キーフレームを細かく追加していくのがポイントです。

【キーフレームの操作で便利なショートカット】

  • クリップの頭にスライダーを移動する:SHIFT+HOME。
  • キーフレーム x軸の変更:「↑ボタン」右方向へ移動・「↓ボタン」左方向へ移動。
  • キーフレーム y軸の変更:「↑ボタン」下方向へ移動・「↓ボタン」上方向へ移動。

プレミアプロのテロップ自動文字起こし

パソコンを操作する女性

プレミアプロには音声を自動で文字起こしする機能を標準装備。

精度・スピードもよく、使い勝手も良いです。

ジーナ
ジーナ
もう社外ツールは要らない。

プレミアプロのテロップ自動文字起こしのやり方

文字起こしツールで意外と分かりにくいのが、次に進むボタンの名称場所

分りにくいと思うトコロを意識的にキャプチャ―&補足してますので、ぜひやってみてください。

ジーナ
ジーナ
びっくりするくらい簡単で、大幅な時短が期待できるよ。

【自動文字起こしのやり方】

  1. ファイル > テキストをクリックしてテキストウインドウを表示。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方1 テキストウインドウを表示
  2. 「3点メニュー」マークをクリックして、「シーケンスから自動文字起こし」をクリック。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方2 シーケンスから自動文字起こしを選択
  3. 言語を選択して「文字起こしを開始」をクリック。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方3 言語を選択して 文字起こしを開始
  4. しばらく待つと文字起こし結果が表示されるので、内容を確認する。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方4 文字起こし
  5. テキストを修正したいときは、テキスト部分をダブルクリックすることで修正が可能。明らかな誤字はこのタイミングで修正しておく。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方4 テキストを適宜修正
  6. テキストが問題なければ「キャプションの作成ボタン」をクリック。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方5 キャプションの作成をクリック
  7. 出力条件をチェックして「作成」をクリック。
    ※出力しても微調整は必要なので、ココはデフォルトでもOK。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方6 出力条件の設定
  8. タイムラインにテキストクリップが追加されるので、プレビューチェックする。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方7 タイムラインにテキストクリップが追加
  9. クリップをまとめて選択(マウスで範囲ドラッグ)し、アピアランスでテキストのスタイルを一括or個別調整する。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方8 スタイルはまとめて変更可能
  10. プレビューでチェックして完了。プレミアプロ テロップ 文字起こし やり方8 プレビューチェック

変換スピードもそこそこ速くて精度もかなり良き。

ユーチューブでの解説動画などを作る人だと、相当助けになります。

注意するところは1つだけ。

  • 精度は高いものの完全ではないので、目視チェックは必須

ジーナ
ジーナ
これは本気で使えるやつ。

プレミアプロ テロップのおすすめチュートリアル

adobeアプリのチュートリアルでおすすめなのは、やっぱりadobe公式サイトのコンテンツですね。

特にはじめて使う方は、数回見るだけでもコツをつかめると思います。

プレミアプロ 動画に字幕テロップを入れる方法

プレミアプロ テロップ チュートリアル サンプル

◎学べること

  • テロップの入れ方。
  • スタイルの変更方法。
  • 文字色の変え方
  • 背景の入れ方。
  • テロップのレイアウト。
  • ‥‥など。

テロップ操作の基礎~応用までが、僅か数分に収まっている素敵コンテンツです。

テロップを入れる方法:公式チュートリアル >

プレミアプロ 書き出し
プレミアプロの書き出し・Youtube等のおすすめ設定プレミアプロの書き出し・Youtube等のおすすめ設定を徹底解説!とは言っても、プレミアプロの書き出しで調整するのが基本3つだけ。❶書き出す場所を選ぶ。❷ファイル形式を選ぶ。❸画質を選ぶ。再生機器やサービス側で画質で推奨スペックがあるのであわせるのが基本。....詳細はコチラ。...
プレミアプロ テロップ
プレミアプロ テロップの入れ方と編集方法・使い方プレミアプロは動画編集ソフトですが、テロップの加工・装飾編集・アニメーションの自由度はかなり高い。使い方も簡単で、細かい設定のほとんどがマウスで出来てしまうのも特徴。最近は自動文字起こしの精度がかなりよくなって、テロップ挿入作業の大幅時短も可能。.....詳細はコチラ。...
プレミアプロ エフェクト
プレミアプロでエフェクト・トランジション!方法と基本プレミアプロでエフェクト・トランジションはマウスのドラッグ&ドロップで簡単につけたり外したりが可能。細かい調整もマウス操作だけで簡単にでき、ON・OFFの切り替えもお手のもの。基本操作からちょっとした応用操作と、トランジションのサンプルを一挙紹介。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのモザイク方法・動画の自動追従のやり方プレミアプロのモザイク方法・動画の自動追従のやり方はとても簡単。❶エフェクトパネルから「モザイク」をピックアップする。❷タイムライン内のクリップにドラッグ&ドロップする。❸エフェクトコントロールパネルで効果の度合いを調整する。注意したいのはトラッキング。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのノイズ除去と方法!音も声もクリアにするプレミアプロのノイズ除去・音声をクリアにしたいなら「エッセンシャルサウンドパネル」を使って調整するのがおすすめ。音響知識がなくても「シーン+フォーカスしたい音の種類」を選ぶだけで大まかな設定項目を準備してくれ、簡単&直感的な操作でノイズ除去・音響調整ができるのが特徴。....方法・詳細はコチラ。...
プレミアプロ フェードアウト
プレミアプロでフェードアウト・フェードインする方法!プレミアプロでフェードアウト・フェードインする方法は、エフェクトかキーフレームのどちらかを使います。慣れればどちらも同じくらいの手間ですが、慣れない方・本業ではない方はエフェクトを使うのがおすすめです。エフェクトを使うメリット・キーフレームを使うデメリットなど....詳細はコチラ。...
プレミアプロのトリミング方法・使い方|Premiereproトリミングとは不要な部分を取り除いて構図を整える編集テクニックのことです。プレミアプロでトリミングと言うと、大きく2つの種類があります。❶映像の表示範囲を切り抜くこと。❷動画の長さをカットすること。高度編集にもつながる超基本なトリミング方法・使い方を解説します。....詳細はコチラ。Premierepro ...
プレミアプロ 重い
プレミアプロの重いプレビューを軽くする方法・動画編集プレミアプロの動画編集で動作が重く感じる時、必ずしもPCスペックだけが原因ではありません。簡単な設定や事前処理だけで大きく改善する場合もあるので、まずは環境と作業手順を見直してみるのがおすすめ。プレミアプロの重いプレビューを軽くする方法動は全部で7つ。....詳細はコチラ。...
プレミアプロ レンダリング
【プレミアプロ】レンダリングの使い方!プレビューの対処法レンダリングとは、編集途中にプレビュー専用ファイルの作成を行うこと。専用ファイルはシーケンスに紐づくので、その後のプレビューでは専用ファイルが再生されるようになる。プレミアプロは簡単な操作でレンダリングを作成。カクカクプレビューにもしっかり対処できるのが魅力。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのショートカットキーと設定・おすすめの一覧プレミアプロのショートカットキーで、特におすすめなのは9つ。主に編集ツールと「一つ戻る」のショートカット。設定を変更して自分だけのショートカットプリセットを作ることもできますが、デフォルト設定を覚えてしまう方が楽。....詳細はコチラ。...
プレミアプロの使い方!動画編集の初心者向けに解説プレミアプロの使い方!動画編集の初心者向けにざっくり解説。プロ用のイメージが強いプレミアプロを全くの初心者でも比較的簡単に扱える理由は3つ。❶マウスだけの直感操作で難しくない。❷初心者向けの公式チュートリアルが充実。❸ユーザーが多く、web上に有益な知識が豊富に公開されている。....詳細はコチラ。...