プレミアプロ

プレミアプロでエフェクト・トランジション!方法と基本

エフェクトの基本的な使い方・オフセットされているエフェクトの種類・効果について解説します。

やり方はとっても簡単。

ON・OFF・初期化一瞬でできるの、ぜひ気軽に使ってみてください。

adobe プレミアプロ バナー

プレミアプロ エフェクトの使い方:基本

エフェクトの基本は次の3つです。

いずれもマウスだけで操作できます。

  • エフェクトの追加
  • エフェクトの削除
  • エフェクトのコピー&ペースト

エフェクトの使い方1. 追加

エフェクト追加の手順はとてもシンプルです。

【プレミアプロ:エフェクト追加のやり方】

  1. 「エフェクトパネル」から、合成したいエフェクトをピックアップ
  2. 「タイムライン」の中にあるムービークリップへ直接ドロッププレミアプロ エフェクト 追加方法
  3. プレビューで効果を確認する。

エフェクトが正常に追加されたかどうかは、タイムライン内のクリップを見るとわかります。

\エフェクト追加が正しく行われると、「fx」マークの背景に色がつく/

プレミアプロ エフェクトがOFFからONへ

エフェクトの使い方2. 効果を一時的にOFFにする

一度追加したエフェクトは、効果のON⇔OFFが簡単にできます。

エフェクト効果を比較してみたい時などに、ワンクリックでチェックできるので便利です。

【プレミアプロ:エフェクト効果のON⇔OFFのやり方】

  1. 「タイムライン」から、操作したいクリップをクリックする。
    ※クリップが太い白枠で囲まれる。プレミアプロ コピー ペースト1 クリップをクリック
  2. 「エフェクトコントロール」パネルから、切り替えたいエフェクトの「fx」マークをクリックする。
    ※クリックするたびにON⇔OFFが切り替わる。プレミアプロ エフェクトのOFFとONの切り替え

エフェクトがOFFになると「fx」マークに斜線が入り、エフェクト効果がプレビューされません。

細かく調整したエフェクトのパラメータを変えることなくプレビューのみON⇔OFFできます。

エフェクトの使い方3. 削除

一度合成したエフェクトも、不要と感じたときには簡単に削除できます。

【プレミアプロ:エフェクト削除のやり方】

  1. 「タイムライン」から、操作したいクリップをクリックする。
    ※クリップが白い太枠で囲まれる。プレミアプロ コピー ペースト1 クリップをクリック
  2. 「エフェクトコントロール」パネルから、切り替えたいエフェクト名の上で右クリック > 消去 をクリックする。プレミアプロ エフェクトの削除

エフェクトを消去すると、クリップから完全に消去されます。

また追加したいときは、再度エフェクトパネルからドラッグするだけです。

エフェクトの使い方4. コピー&ペースト

プレミアプロでは、エフェクトのパラメータを細かく設定できます。

一度がっつりと調整したエフェクトは、コピー&ペースト簡単に複製できます。

違うクリップに同じパラメータのエフェクトを使いたいときに便利です。

【プレミアプロ:エフェクトのコピー&ペーストのやり方】

  1. 「タイムライン」から、コピーしたいクリップをクリックする。
    ※クリップが白い太枠で囲まれる。プレミアプロ コピー ペースト1 クリップをクリック
  2. 「エフェクトコントロール」パネルから、コピーしたいエフェクト名の上で右クリック > コピー をクリックする。プレミアプロ コピー ペースト2 エフェクトを右クリック コピー
  3. 「タイムライン」から、ペーストしたいクリップをクリックする。
    ※クリップが白い太枠で囲まれる。プレミアプロ コピー ペースト3 ペーストしたいクリップをクリック
  4. 「エフェクトコントロール」パネルから、上部の「ビデオ」の上で右クリック > ペースト をクリックする。プレミアプロ コピー ペースト4 ビデオランクを左クリックしてペースト
  5. 「エフェクトコントール」パネル:ビデオの最下にコピーしたエフェクトが追加される。

ポイントは、元のクリップを選択してからコピー。新しいクリップを選択してからペーストすること。

win・macのショートカットも使えるので、何気に便利です。

プレミアプロ エフェクトの使い方:応用

プレミアプロのエフェクトは細かい調整ができるのが特徴です。

エフェクトごとに扱えるパラメータや効果の見え方は異なりますが、操作方法は概ね同じです。

本頁では エフェクトの変化がわかりやすい「ブラー」エフェクトを使って操作方法を解説していきます。

ジーナ
ジーナ
エフェクトごとに項目が違うので、とにかく触って変化を確かめながら編集していくのがおすすめ。

エフェクトの応用1. エフェクトパネルの操作方法

エフェクトの微調整は「エフェクトコントロール」パネルで行います。

「エフェクトコントロール」パネルは、タイムライン上のクリップをクリックすると自動的に表示されます。

\エフェクトコントロールパネル/

プレミアプロ エフェクト コントロールパネル 外観

今回は、ブラーというエフェクトを例に、パラメータを操作していきます。

どんな変化が起こるかは、プレビュー画面を見ながらチェックしていきます。

◎ブラー値

スライダーや青字に反転してる数値にマウスを合わせ、左右にドラッグするとパラメータが変動します。

値が大きくなるほど効果の影響が強くなります。

\値0(左)と値70(の比較)/

プレミアプロ エフェクト コントロールパネル ブラー値の変更とビフォーアフター

◎ブラーの方向

ブラーは、ブレ効果のエフェクトです。

縦方向のブレ・横方向のブレ・縦+横方向のブレと、効果をプルダウンで切り替えられます。

プレミアプロ エフェクト コントロールパネル ブラー値の変更 方向

◎エッジピクセルを織り返す

エッジピクセルは、画面のキワまでブラー効果を適用するかどうかの設定です。

少しわかり辛いですが、満遍なく効果を適用したいときは□エッジピクセルを織り返すにチェックすると良いです。

画面フレームの内側にぼんやりとした滲み効果を残したいときはチェックを外します。

プレミアプロ エフェクト コントロールパネル エッジのピクセルと織り返す

エフェクトパネルの操作方法 まとめ

今回はブラーエフェクトで説明しましたが、エフェクトごとに調整できるパラメータは異なります。

エフェクトを追加しただけではぱっとしない場合も、エフェクトパネルのパラメータを少し操作するだけで、大きく印象を変えられます。

なので、エフェクトはパネルのパラメータをイロイロと弄ってみて、見え方をチェックしてから組み込むのがおすすめです。

ちなみに、パラメータを弄り過ぎて元に戻せなくなっても、ワンクリックで初期化できるのでご安心ください。

◎エフェクトパラメータの初期化のやり方

パラメータの初期化は、反転矢印マークをクリックするだけでできます。

どれだけ弄っても一瞬で元に戻せますので、安心してパラメータを変更してみてください。

プレミアプロ エフェクト コントロールパネル 初期化ボタン

エフェクトの応用2. キーフレームの操作方法

エフェクト効果を時間の流れに合わせて変化させるときに使うのがキーフレームです。

効果の強弱変化の仕方・範囲などを、時間で変化させることができるので、ムービーのタイミングとドンピシャでエフェクトを組み込めます。

【プレミアプロ:エフェクト キーフレームのやり方】

  1. 効果の横にあるストップウォッチマークをクリックする。
    ※白⇒青に変わるとキーフレームON。プレミアプロ エフェクト キーフレーム1
  2. 「エフェクトコントロール」パネルにあるスライダーを、変化させたいポイント(時間)まで移動する。プレミアプロ エフェクト キーフレーム2 スライダーを動かす
  3. キーフレーム ボタンをクリックして、タイムライン上にキーフレームを打つ。
    ※ボタンをクリックすると、キーフレームがひし形のマークで自動表示される。プレミアプロ エフェクト キーフレーム3 キーフレームの追加 削除 ボタンを押す
  4. 「エフェクトコントロール」パネルでエフェクトのパラメータを調整する。
    ※キーフレーム時点でのエフェクトパラメータを設定。

設定が完了すると、キーフレームのポイント(タイミング)に合わせてエフェクトのパラメータが変化します。

例えば、以下のように設定するとフェードインみたいに、徐々にブラーエフェクトがかかっていく設定にできます。

【キーフレームの利用例】

  1. 開始時点:エフェクト効果はなし「0値」
  2. 次のキーフレーム:エフェクト効果「ブラー値70」まで徐々に変化。
  3. その後:「ブラー値70」のままムービーが流れる。
プレミアプロ エフェクト キーフレーム5 タイムラインと変更の様子 図解

キーフレームがあると時系列&自由なパラメータで効果を変化させられるので、オリジナリティの高いユニークなエフェクトを作れます。

プレミアプロのビデオエフェクト

手のひらにある光の粉に息を吹きかけて舞い散らせる髪の長い女性の横顔

プレミアプロで使えるビデオエフェクトは非常に多いですが、大きく分けると2種類のエフェクトに分かれます。

  • 色調調整系のエフェクト。
  • 特殊な視覚効果系のエフェクト。

ビデオエフェクト1. 色調調整系の種類・特徴

色調調整系のエフェクトは、色を構成する明度・彩度・色相・ガンマといった色要素別パラメータを一気に変更してくれます。

一定の法則で変化させるので、映像に統一感を持たせたいときにも重宝します。

◎チャンネル

反転するチャンネル。特定のカラースペースを指定して 画像全体を反転させたり、1つのチャンネルだけを反転させることができます。

プレミアプロ エフェクト サンプル チャンネル

◎モノクロ

カラーを白黒のみで構成した画像に変化します。

プレミアプロ エフェクト サンプル モノクロ

【プレミアプロ:色調調整系のエフェクト】

  • 明るさの値
  • カラー補正
  • チャンネル
  • ‥‥etc。

ビデオエフェクト2. 特殊な視覚効果系の種類・特徴

一般的にエフェクトというと、コチラの方がイメージしやすいかも?

まるでCGのように非現実的な視覚効果を一瞬で追加。アーティスティックでユニークな映像に加工できるのが特徴です。

プレミアプロ エフェクト サンプル ガウス

プレミアプロ エフェクト サンプル ノイズ

【プレミアプロ:特殊な視覚効果エフェクト】

  • ブラー&シャープ
  • 時間
  • エンボス
  • モザイク
  • ノイズ
  • 描画
  • 遠近
  • …etc。

プレミアプロのオーディオエフェクト

人_ヘッドフォンで視聴する女性

プレミアプロは、映像だけではなく音声にもエフェクトが付けられます。

ノイズ除去イコライザもコントロール可能で、高度なオーディオ編集も可能です。

【プレミアプロ:オーディオエフェクト】

  1. ディレイとエコー
  2. 変調
  3. フィルターとイコライザ
  4. ノイズリダクション
  5. リバーブ
  6. ステレオイメージ
  7. タイムとピッチ
  8. ‥‥etc。

プレミアプロのトランジション

動画編集でよく使われるトランジションもエフェクトの一種です。

トランジションとは、映像と映像の間に差し込んで、スムーズに画像を切り替えるムービーアニメーションです。

プレミアプロにオフセットされているトランジションは種類こそ多くはないですが、使いやすいものが揃っていて不足を感じることもありません。

ディゾルブ トランジションの効果と種類

ディゾルブトランジションは、別名オーバーラップとも呼ばれるエフェクト。前後のムービーが溶け合うように融合しながら切り替わるのが特徴です。

【ディゾルブトランジションの種類】

  • ディゾルブ
  • クロスディゾル
  • 暗転
  • ホワイトアウト
  • フィルムディゾルブ
  • 型抜き

アイリス トランジションの効果と種類

アイリストランジションとは、次のムービーが 中心 から決まった形状で広がっていくアニメーションです。正方形やクロス、ダイヤ型など、色んなタイプがあります。

【アイリストランジションの種類】

  • アイリス(正方形)
  • アイリス(クロス)
  • アイリス(ダイヤモンド)
  • アイリス(円形)

ページピール トランジションの効果と種類

ページピールトランジションは、ページがめくれるように次のムービーを切り替えていくアニメーションです。

【ページピールトランジションの種類】

  • ページピール
  • ページターン

スライド トランジションの効果と種類

スライドトランジションは、ムービーをずらすように差し込む押し出しながら切り替えるアニメーションです。

【スライドトランジションの種類】

  • センタースプリット
  • 押し出し
  • スライド
  • スプリット

3Dモーション トランジションの効果と種類

モーショントランジションは、ムービー自体に3Dアニメーションに合わせてムービーを切り替えるトランジションです。

【モーショントランジション】

  • キューブスピン
  • フリップオーバー

ワイプ トランジションの効果と種類

 

ワイプトランジションは、スライドするようにムービーを切り替えるアニメーションです。スライドトランジションと似ていますが、ムービーの表示位置が変わらないのが相違点です。

【ワイプトランジションの種類】

  • ドア(扉)ワイプ
  • グラデーションワイプ
  • 割り込みワイプ
  • ワイプ
プレミアプロ 書き出し
プレミアプロの書き出し・Youtube等のおすすめ設定プレミアプロの書き出し・Youtube等のおすすめ設定を徹底解説!とは言っても、プレミアプロの書き出しで調整するのが基本3つだけ。❶書き出す場所を選ぶ。❷ファイル形式を選ぶ。❸画質を選ぶ。再生機器やサービス側で画質で推奨スペックがあるのであわせるのが基本。....詳細はコチラ。...
プレミアプロ テロップ
プレミアプロ テロップの入れ方と編集方法・使い方プレミアプロは動画編集ソフトですが、テロップの加工・装飾編集・アニメーションの自由度はかなり高い。使い方も簡単で、細かい設定のほとんどがマウスで出来てしまうのも特徴。最近は自動文字起こしの精度がかなりよくなって、テロップ挿入作業の大幅時短も可能。.....詳細はコチラ。...
プレミアプロ エフェクト
プレミアプロでエフェクト・トランジション!方法と基本プレミアプロでエフェクト・トランジションはマウスのドラッグ&ドロップで簡単につけたり外したりが可能。細かい調整もマウス操作だけで簡単にでき、ON・OFFの切り替えもお手のもの。基本操作からちょっとした応用操作と、トランジションのサンプルを一挙紹介。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのモザイク方法・動画の自動追従のやり方プレミアプロのモザイク方法・動画の自動追従のやり方はとても簡単。❶エフェクトパネルから「モザイク」をピックアップする。❷タイムライン内のクリップにドラッグ&ドロップする。❸エフェクトコントロールパネルで効果の度合いを調整する。注意したいのはトラッキング。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのノイズ除去と方法!音も声もクリアにするプレミアプロのノイズ除去・音声をクリアにしたいなら「エッセンシャルサウンドパネル」を使って調整するのがおすすめ。音響知識がなくても「シーン+フォーカスしたい音の種類」を選ぶだけで大まかな設定項目を準備してくれ、簡単&直感的な操作でノイズ除去・音響調整ができるのが特徴。....方法・詳細はコチラ。...
プレミアプロ フェードアウト
プレミアプロでフェードアウト・フェードインする方法!プレミアプロでフェードアウト・フェードインする方法は、エフェクトかキーフレームのどちらかを使います。慣れればどちらも同じくらいの手間ですが、慣れない方・本業ではない方はエフェクトを使うのがおすすめです。エフェクトを使うメリット・キーフレームを使うデメリットなど....詳細はコチラ。...
プレミアプロのトリミング方法・使い方|Premiereproトリミングとは不要な部分を取り除いて構図を整える編集テクニックのことです。プレミアプロでトリミングと言うと、大きく2つの種類があります。❶映像の表示範囲を切り抜くこと。❷動画の長さをカットすること。高度編集にもつながる超基本なトリミング方法・使い方を解説します。....詳細はコチラ。Premierepro ...
プレミアプロ 重い
プレミアプロの重いプレビューを軽くする方法・動画編集プレミアプロの動画編集で動作が重く感じる時、必ずしもPCスペックだけが原因ではありません。簡単な設定や事前処理だけで大きく改善する場合もあるので、まずは環境と作業手順を見直してみるのがおすすめ。プレミアプロの重いプレビューを軽くする方法動は全部で7つ。....詳細はコチラ。...
プレミアプロ レンダリング
【プレミアプロ】レンダリングの使い方!プレビューの対処法レンダリングとは、編集途中にプレビュー専用ファイルの作成を行うこと。専用ファイルはシーケンスに紐づくので、その後のプレビューでは専用ファイルが再生されるようになる。プレミアプロは簡単な操作でレンダリングを作成。カクカクプレビューにもしっかり対処できるのが魅力。....詳細はコチラ。...
プレミアプロのショートカットキーと設定・おすすめの一覧プレミアプロのショートカットキーで、特におすすめなのは9つ。主に編集ツールと「一つ戻る」のショートカット。設定を変更して自分だけのショートカットプリセットを作ることもできますが、デフォルト設定を覚えてしまう方が楽。....詳細はコチラ。...
プレミアプロの使い方!動画編集の初心者向けに解説プレミアプロの使い方!動画編集の初心者向けにざっくり解説。プロ用のイメージが強いプレミアプロを全くの初心者でも比較的簡単に扱える理由は3つ。❶マウスだけの直感操作で難しくない。❷初心者向けの公式チュートリアルが充実。❸ユーザーが多く、web上に有益な知識が豊富に公開されている。....詳細はコチラ。...