ペンタブレット PR

ペンタブで値段が安い・おすすめといえば板タブなの!?比較も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペンタブの値段・相場と、安い×おすすめのペンタブを紹介します。

ぶっちゃけ、性能・耐久性・ランニングコスト・作業性を考えるとコスパがいいのは断然板タブです。

ジーナ
ジーナ
ワタシは迷ったら板タブをおすすめします。

板タブの値段

wacom 活用シーン 液タブ 女性

板タブの値段と相場

板タブの値段相場は以下の通りです。

【板タブレットの価格帯】参考:wacom、EX-PEN、Artisul、センスラボ、Huionなど

サイズ 価格相場
Sサイズ 6,000円~13,000円
Mサイズ 10,000円~21,000円
Lサイズ 11,000円~60,000円

お値段の差は、機能性能×サイズ×ブランドです。

なお、ペンタブレットは精密機械ということもあり、製品の品質はお値段の高さと比例しています。

液タブの値段

液タブ 使用シーン

液タブの値段と相場

液タブの値段相場は以下の通りです。

【液タブレットの価格帯】参考:wacom、EX-PEN、Artisul、センスラボ、Huionなど

サイズ 価格相場
13インチ 3,000円~43,000円
16インチ 50,000円~22,000円
23.6インチ 10,000円~33,000円

お値段の差は、機能性能×サイズ×ブランドです。

なお、ペンタブレットは精密機械ということもあり、製品の品質はお値段の高さと比例しています。

安いペンタブの選ぶポイント

イラスト 虫眼鏡を使ってよく見ようとする女性

安くても良いペンタブを選ぶポイントは次の3つです。

【安いペンタブの選ぶポイント】

  • 筆圧検知
  • メーカー
  • サイズ
  • 板タブか液タブか

筆圧検知

筆圧検知はペンを押し付ける力の大小で線の強弱をつけられる機能です。

ペンタブ 筆圧感知

線に表情を持たせたい方は、筆圧レベルの高いものを選びましょう。

【おすすめの筆圧レベル】

  • 拘りのない方:2048
  • 普通:4096
  • 拘りのある方:8192

抑揚のない同じ太さの線画が好みの方はこの機能に注目する必要はありません

なお、4096スペックともなると相当にレベルが高くて、4096と8192のレベル差を知覚できる人はほとんどいないと思います。

ジーナ
ジーナ
筆圧レベルは、4096もあれば普通は十分ってコトです。

メーカー

ペンタブは精密機械なので、実績あるブランドの品は精度耐久性がしっかりしています。

実際、ブランド品とノーブランド品を比較してみると、仕様スペックは同じか下がっても、ブランド品の方が精度と耐久性が高いことが多いです。

ジーナ
ジーナ
ブランドの精密機械は、スペックに見えないところで品質が数段高い

ということで、もし迷ったらタブレットシェア世界NO.1のwacomを選ぶと間違いないです。

ブランド品とはいえ、極端に値段が高いというわけでもないのも嬉しいポイントです。

昨今では、リーズナブルな中国製が溢れていますが、聞いたことのないメーカーの製品を購入する際は注意が必要です。

【無名ブランドで注意したいこと】

  • ペンの反応機能が安定しないことがある。
  • 取説が全て外国語のみの場合がある。
  • 日本国内からのサポートが不十分な場合がある。
  • 故障しやすい場合がある。
  • 保証がない場合がある。

ジーナ
ジーナ
無名ブランド安くても買わない方が無難だよ。

サイズ

液タブだとサイズはあまり問題になりませんが、板タブ希望の方は選べるなら大きい方のサイズを購入するのがおすすめです。

【板タブはサイズが大きい方がおすすめの理由】

  • 手元の検知範囲とディスプレイの誤差が少ない。
  • 紙トレースがやり易い。
  • 細かい描き込みがしやすく作業効率がいい。

タブレットサイズ

ちなみに、Sサイズは持ち運びを想定したモデルで、フリーメモライトなイラスト作成に向きます。

しっかりしたイラスト漫画などを描きたい方は、MかLサイズを購入するのがおすすめです。

◎初心者も大きいサイズがおすすめ?

「板タブは難しいのでは?」とか、「慣れが必要なのでは?」と思っている初心者の方や、はじめて板タブを使う人にも、選べるなら大きいサイズの方がおすすめです。

ジーナ
ジーナ
板タブで迷ったら大きい方を選ぶと後悔しないよ。

板タブと液タブの比較

板タブと液タブでは、どちらにもメリット・デメリットがあり、単純に優劣をつけるのは難しいです。

2つの選択肢で悩む女性のイラスト 

ただし、描画性能や機能スペックが同じとした場合、お値段が安いのは完全に板タブです。

ジーナ
ジーナ
同じお値段を出すんだったら、性能は板タブの方が優れているってコト。

【板タブと液タブ 機能・使用感の比較一覧】

比較要素 板タブ 液タブ
金額 安い 高い
手の位置と画面の誤差 多少
描き心地 適度な摩擦 硬質
長時間の作業 △(熱い)
ペンの芯の持ち とても悪い
故障リスク ほとんど壊れない 壊れるリスクがある
首や肩の凝り 凝りやすい
値段 6,000円~60,000円 30,000円~330,000円

ちなみに、「液タブだとパソコン要らないのでは?」と思ってる人がいますが、間違いです。

液晶タブレットは、単にディスプレイ型のマウスみたいなモノで、お絵描きソフトなどのアプリケーションを動かすOSが入ってないため単独では使えません

OS搭載型のタブレットもありますが、カナリ高額です。

液タブ パソコン不要
液タブをパソコン不要で!?おすすめと選び方!パソコン不要で使える液タブ自体の選び方は実は簡単です。そもそもが市場に少ないので、「値段」と「どんな使い方をしたいか?」で選択肢は決まってしまうからです。タイプはスマホ接続型・OS搭載型・タブレットPCを液タブとして使う方法の3パターン。安いで選ぶなら「ipad+アイペンシル」が最強です。....詳細はコチラ。...

安いペンタブのおすすめ

人_ランキングイメージ 女性 白いセーター

選ぶポイントを踏まえ、安い×おすすめのペンタブを紹介していきます。

購入検討している方、よろしければ参考にしてください。

初心者向け

初心者向けでおすすめなのは、大きめの板タブリーズナブルなXP-PEN製の液タブです。

◎Wacom Intuos Pro Lサイズ

wacom公式 topp

はじめての方には、挙動が安定しているペンタブの老舗wacom製の板タブレットがおススメです。

中でも、機能面が充実していて比較的リーズナブルなIntuos Proがイチ推しです。

サイズは大きめのLをチョイスし、マッピングのズレが少なくなるようにするのが初心者には理想です。

最高品質の板タブなのに、5万円程度で購入可能です。

【主な仕様】

  • モデル名:Wacom Intuos Pro Large
  • サイズ:430 x 287 x 8 mm
  • ペン:Wacom Pro Pen 2
  • 筆圧レベル:8192
  • エクスプレスキー:8つ
  • Bluetooth接続:対応

◎XP-PEN Artist12セカンド

XP-PEN artist12 セカンド

液タブのメリットは、紙に描くように直接ディスプレイ上で作画できるトコロ。

板タブの距離感のズレが気になる方や、デジ絵と言えば液タブ!と思われている方など、どうしても液タブからはじめてみたい方は、コスパの良い中国製液タブがおすすめです。

XP-PEN Artist12セカンドは、中国製液タブの中では実績のあるメーカー&モデル。

初心者に嬉しい、日本国内サポートも比較的充実している点もポイントです。

  • サイズ:11.9インチ
  • 最大表示解像度:1920×1080
  • 筆圧レベル:8192
  • ディスプレイ:フルラミネーション加工
  • android接続:対応

イラスト・漫画向け

イラスト・漫画の制作をする方におすすめの安いタブレットは、wacom Intuos Pro Lサイズです。

wacom公式 topp

がっつりお絵描きしたい人ほど、熱の影響の少ない板タブの方が長時間作業できるのでおすすめです。

また、板タブだと紙に描いた下書きをトレースすることもできるので、下書きを紙に手描きするタイプの方にはマストな選択です。

【主な仕様】

  • モデル名:Wacom Intuos Pro Large
  • サイズ:430 x 287 x 8 mm
  • ペン:Wacom Pro Pen 2
  • 筆圧レベル:8192
  • エクスプレスキー:8つ
  • Bluetooth接続:対応

普通のIntuos Proでも大抵の紙トレースはできますが、万全を期したい方はペーパーエディションを選択するのがベターです。

メモ帳専用デバイス・android向け

外出先でのメモ帳程度の利用を考えているなら、次の2点を備えたものがおすすめです。

  • サイズが小さい
  • できればandroidにも対応。

持ち運びが基本の用途だと思うので、軽量&コンパクトな板タブで、android端末にもつなげられるのが理想です。

ジーナ
ジーナ
持ち運び用の手描きデバイスは、携帯性とスマホ連動の有無が重要。

ペンタブの値段 まとめ

液タブ 使用シーン

ペンタブの値段は、おおよそ6,000円~60,000円の価格帯で購入できます。

ペンタブ値段に関係する要素は次の通りです。

  • サイズ:小さいほど安い。
  • メーカー:有名ブランドほど高い。ただし、性能と性能の安定性も高い。
  • 機能:高性能なほど高い。
  • 耐久性:故障リスクが高いほど安い。

注意したいのは、初心者やはじめて購入予定の方。

初心者だからと値段の安さだけを見てると後悔します。

目的によって最適なペンタブは変わるので、サイズや欲しい機能だけは妥協しないのが、結果的に安くてコスパのよいペンタブを選ぶコツだったりします。

ちなみに、迷った時のおすすめはwacom Intuos Pro Lサイズです。

wacom公式 topp

性能×汎用性の高さ×ランニングコストの低さが優秀で、長い目でみても後悔しにくいモデルと言えます。

ジーナ
ジーナ
ワタシ最終的に板タブに落ち着いてます。板タブは高性能でコスパも良きです。

ペンタブレット おすすめ
ペンタブのおすすめは?初心者にも人気!選び方・価格とランキング!ペンタブは、利用環境や目的、使い方によって選ぶのがおすすめです。迷った時は、液タブよりも板タブ。小さいのよりも大きいのを選ぶと後悔しにくいです。値段はペンタブレット(板タブ)の方が高いですが、性能・壊れにくさ・価格の安さ・熱がないことから、長時間の制作やしっかり描きたい人におすすめ。....初心者の選び方・詳細はコチラ。...
液タブのおすすめランキング!初心者に人気で高性能なのは?後悔しない液タブは断然wacomのCintiq Proシリーズ。但し価格も20万円以上とカナリ高額で、セミプロ以上でないとちょっと手が出ない。はじめて液タブを購入する方、初心者、趣味で使う場合は、3万円~5万円の価格帯の人気液タブから選ぶのがおすすめ。ただし注意点は信頼できるメーカーと販売店を選ぶこと。安さや仕様欄にある性能の数は当てにしちゃダメ....おすすめランキングと詳細はコチラ。...
フォトショップ 価格
フォトショップの価格・値段・買い切りとの比較!安く買うには?フォトショップの価格・値段・買い切りとの比較?フォトショップを安く買うとき、まずはっきりさせておきたいのが 必要なadobeアプリの数。フォトショップだけでいい人なら「フォトプラン」が最安値。2つ以上のadobeアプリを使いたい人なら「adobe付き通信講座」が最安値です。キャンペーン・セールも、フォトショに限っては無意味....詳細はコチラ。...
イラストレーター 値段
イラストレーターの値段と価格・安く購入する方法を解説!イラストレーターを安く購入するとき、はっきりさせておきたいのが必要なadobeアプリの数。イラレだけでいい人なら「単体プラン×セール」が最安値。2つ以上のadobeアプリを使いたい人なら「adobe付き通信講座」が最安値です。価格比較と賢い買い方のポイント...詳細はコチラ。...
デジハリ adobe
デジハリadobeを2年目も継続!講座更新にデメリットは?デジハリadobeマスター講座は、フリーランス・社会人でも利用可能な学割価格が適用されるので、正規版より3万円も安く利用できる。しかも1年中安い・ライセンスコードの発行が早い・2年目も継続できる・受講はしなくても大丈夫…およそデメリットらしいものもなし。…デジタルハリウッドの詳細はコチラ。...
クリスタ 値段
クリップスタジオの値段は?プランや種類の比較と買い方も!クリップスタジオの値段はグレードと購入プランによって変わります。月額利用プランなら、240円/月~、買い切りダウンロード版なら5,000円~利用できます。市販されているグレードはEXとPROの2種。グレード種類やプランの比較とおすすめの買い方を解説します。....詳細はコチラ。...
クリスタ ex pro 違い
クリスタのEXとPROの違いは値段だけじゃない!?機能・比較クリスタのEXとPROの違いは値段と機能です。押さえておきたいのは次の3つ。1.EXはPROの機能を全て使える。2.EXはマンガ編集機能に優れている。3.PROからEXへは、いつでもグレードアップできる。迷ったらとりまPROを購入すればよいです。PROでもマンガ原稿を作ることはできますし、作画や修正頻度が少ない方ならPROでも困ることはないはずだから....詳細はコチラ。...